Tai Verdes – A-O-K 和訳

[Intro]
Doesn’t this guitar sound so good?
このギター、いい音がすると思わないかい?

Mmm, mmm, mmm

So sweet
なんていい音なんだ

[Chorus]
Living in this big blue world
この巨大で憂鬱な世界に

With my head up in outer space
頭ひとつ突き出して住んでいるんだ

I know I’ll be A-O, A-O-K
僕は大丈夫、なんとかなるって知ってるんだ

I know I’ll be A-O, A-O-K
僕は大丈夫、なんとかなるって知ってるんだ

When I see trouble come my way
問題が列をなしてくるのが見えたら

I be makin’ lemonade
僕はレモネードを作り始めるのさ

I know I’ll be A-O, A-O-K
僕は大丈夫、なんとかなるって知ってるんだ

I know I’ll be A-O, A-O-K (Mmm, mmm)
僕は大丈夫、なんとかなるって知ってるんだ

[Verse 1]
Hey little lady, I know you’re feelin’ crazy (Woo)
なあ、お嬢ちゃん。なんか変な気分なんだろう?

All your other friends are busy makin’ them babies (Ew)
他の友達は甘えることに大忙しなんだし

Been out in the real world, don’t like how it’s tasting (Nah)
本当の世界に出てても、全く気に入らないんだろ

Let me change your mind with my little old saying (What?)
古い言い回しで、君の考え方を変えてあげよう

Two-four-six-eight, who do we appreciate? (Mmm)
2468、誰に感謝するんだい?*

*これは小学生のスポーツチームなどが掛け声にしていることが多い言葉。特に意味はなく、語感がいいので使われている。

Put some sugar in my water (Yuh), ‘cause we makin’ Minute Maid (Woo)
水にちょっとばかし砂糖を入れて。だってミニッツメイドを作るんだから(果実飲料)

Fuck all the hate (Uh), do a shimmy-shay (Woah)
嫌味なんて吹き飛ばしてしまえ、悪い女になってやろうぜ

Throw a middle finger up down the inner state
中指を立ててしまうんだ

[Chorus]x1

[Post-Chorus]x1

[Verse 2]
I’d be lyin’ if I said I knew the way (Yo, I’d be lyin’)
方法を知ってるって言えば、嘘になるんだ

I just eat shit and pretend that it’s gourmet (Yeah, I lie)
ゴミ(嫌味)を食って、まるでそれが美味しいかのように演じてるのさ

I’ve had terrible, horrible, no-good, very bad days
僕にだって、最悪で辛くて悪い日々はあったさ

But I’m a G, can’t you see that I will always be uh, uh, uh A-O-K
でも俺は男さ、なんとかなるって思わないのかい?

[Bridge]
Uh, uh, uh A-O-K
大丈夫

I’m gon’ be
僕ならきっと

Uh, uh, uh A-O-K
大丈夫

You gon’ be
君もきっと

Uh, uh, uh A-O-K
大丈夫

We gon’ be
僕らならきっと

Uh, uh, uh A-O-K
大丈夫

Sugar, sugar
ねえ、かわい子ちゃん?

[Chorus]x1

[Outro]x1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

error: Content is protected !!