Sleeping At Last “Touch” 和訳

ノスタルジーを感じさせる名曲”Touch”を和訳!

when will i feel this as vivid as it truly is,
いつになればこれを、本当の意味でありのままに感じることができるだろうか

fall in love in a single touch, and fall apart when it hurts too much?
一度触れただけで恋に落ち、崩れ去るときはこうも痛いのか

can we skip past near-death clichés
陳腐な辞世の句なんてやめよう

where my heart restarts, as my life replays?
僕の人生を繰り返せば、僕の心は再び動き出すのだろうか

all i want is to flip a switch before something breaks that cannot be fixed.
僕はただ、直せないものが壊れる前に灯りを消したいだけなんだ。

i know, i know- the sirens sound just before the walls come down.
わかってる、わかってる。サイレンの音は壁が降りてくる直前のようだ

pain is a well-intentioned weatherman
痛みは善意にあふれた気象予報士だ

predicting God as best he can, but God i want to feel again.
神は最善を尽くしてくれたはずだ、でも神様、もう一度だけ感じさせてくれ

rain or shine, i don’t feel a thing,
雨も日差しも、もう何も感じない

just some information upon my skin.
(雨も日差しも)僕の肌をなぞるだけの情報と化してしまった

i miss the subtle aches when the weather changed,
天気が変わった時の微妙な痛みが恋しい

the barometric pressure we always blamed.
僕らがいつも文句ばっか言ってたあの気圧が(恋しい)

all i want is to flip a switch before something breaks that cannot be fixed.
僕はただ、直せないものが壊れる前に灯りを消したいだけなんだ。

invisible machinery, these moving parts inside of me well,
透明な機械、心の中で動くパーツたち

they’ve been shutting down for quite some time, leaving only rust behind.
もうしばらくの間、止まってしまったままだ、ただ錆だけ残して

well i know, i know- the sirens sound just before the walls come down.
わかってる、わかってる。サイレンの音は壁が降りてくる直前のようだ

pain is a well-intentioned weatherman
痛みは善意にあふれた気象予報士だ

predicting God as best he can,
神は最善を尽くしてくれたはずだ

but God i want to feel again, oh God i want to feel again.
でも神様、もう一度だけ感じさせてくれ、でも神様、もう一度だけ感じさせてくれ

down my arms, a thousand satellites suddenly discover signs of life.
僕の腕の中で、幾千もの衛星が生命の気配を突然感じとった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

error: Content is protected !!